私たちは、あらゆる分野の人々に、より優しい都市のビジョンを語っていただきたいと考えています。私たちは、すべての人にとってより良い未来を形作るために、皆さんの希望、夢、そしてアイデアを聞きたいと思っています。私たちに参加して市民になるには、この文章を最後まで読んでください。

未来のKind Cityは...

scroll down button

    main city
    home end
    未来の都市を想像する

    優しさに満ちた都市

    Kind Councilのご紹介です。人間のサイボーグ。ラッパー。起業家。LGBT TVホスト 15歳の発明家。そして、未来学者。

    彼らがKind City ポッドキャストのツアーガイドを務めます。このポッドキャストは、あなたが次の展開を選ぶインタラクティブなオーディオ体験です。サステナビリティ、インクルージョン、夢などのテーマについて、彼らや他の人々の話を聞くことができます。”未来のKind Cityはこんな風に…”というフレーズを完成させるのに苦労している方には、とても良い刺激になるでしょう。

    世界中から寄せられた応募作品を、人工知能を使って10の設立理念に変換します。未来の都市がより優しくなるために必要なこと。そして、それはすべてあなたによって作られるのです。

    Picture of Tan France wearing an orange shirt.

    Tan France(タン・フランス)
    希望の責任者

    インタラクティブポッドキャスト

    このポッドキャストでは、どこに行くか、誰の話を聞くかをあなたが決めます。世界中の信じられないような優しさの物語を聞くことができます。まずはアメリカでの多世代生活から。気候変動について聞くために中国に行く。ブラジルの貧民街にあるテックハブ。イギリスの夢。日本では優しさの通貨が登場します。あなたが選んでください。

    Kind 議会

    Tan France (タン・フランス)

    希望の責任者

    アジア人のゲイであるタン・フランスは、未来の街に希望が必要なことを知っています。クィア・アイ』でおなじみの彼が、「Kind City」のポッドキャストを案内してくれます。ごきげんよう!

    Emicida (エミシーダ)

    チーフ・エンパシー・オフィサー

    エミシーダは、学者、芸術家、活動家など、ブラジルの黒人の伝統について声を使ってラップしています。サンパウロ生まれのこのミュージシャンは、より良い未来を作るためには過去から学ぶ必要があることを知っています。

    Gitanjali Rao (ギタンジャリ・ラーオ)

    未来のCTO

    科学者であり、発明家であり、「TIME」誌が選ぶ2020年の「キッド・オブ・ザ・イヤー」に選ばれたギタンジャリ。わずか15歳のジタンジャリは、すでにテクノロジーを使って、汚染された飲料水、オピオイド中毒、ネットいじめなどの問題に取り組んでいました。彼女は、若いイノベーターのコミュニティを作ることで、グローバルな課題を解決したいと考えています。

    Ibun Hirahara (平原依文)

    インクルージョン責任者

    郁文は、教育におけるインクルージョンの分野で先頭に立っています。「World Road」という会社の創設者である彼女の目標は、「1つの学校に世界を組み込む」ことです。少数の人ではなく、多くの人に優しい場所を。

    Oona Horx-Strathern (オオナ・ホークス・ストラザーン)

    ヒューマニティ責任者

    オオナはアイルランドのパスポートを持っています。イギリスでの職務経験があります。ウィーン在住。ヨーロッパを旅行。アフリカをヒッチハイクで横断。未来学の歴史や未来の建築など、数え切れないほどのテーマに精通しています。未来都市の人類について語るには最適な人物である。

    Dr Peter Scott-Morgan (ピーター・スコット・モーガン博士)

    ディレクター・オブ・ドリームズ

    初の「人間サイボーグ」と呼ばれるピーターは、イギリス系アメリカ人の科学者です。2017年に運動ニューロン疾患と診断されましたが、少しもペースを落とすことなく活動を続けています。ピーターと彼の夫は、革新的な技術を使って極度の障害を持つ人々の生活を変えるための慈善財団を率いています。

    Skip to content